>>スポンサーリンク<<

ビジネスと京セラトナー


トナーの購入や交換について、好ましいことをお話します。
京セラのプリンターを使うなら、同社の純正トナーが望ましいでしょう。

 

静電気のリスクを出来る限り減らし、トナーコンテナのみを交換できるようにした同社のモデルは、多くの事業所で採用されています。仕事は正確さと速さが大切です。

高度化した社会では、通常業務さえノルマが課されます。プリンターは優秀な機械ですので、マシントラブルがない限り、安定したペースで紙を印刷します。ただ、インク切れには注意すべきです。ビジネスシーンにおいて、何も考えない事は非常に大切です。

印刷した資料一枚もビジネスでは重要

たかが紙の一枚と思っていても、その重要性は契約の場において大きく発揮されます。ビジネスは紙一枚で決まるものです。楽観的に考えず、厳しさを持つべきでしょう。自分よりも厳しい生活をしている人は、多くの事をご存知です。消耗品一つとっても、とても大切に扱われます。お金儲けは冨者に学ばずに貧者に学ぶべきです。そうすれば、ライバルに大きく差をつけられるでしょう。ビジネスは、自分との闘いです。自分に奢りを持たないようにしましょう。機械は自分の事よりも相手の事を優先します。仮に体調が悪くなったとしても、ランプ一つで仕事を済ませます。機械を理想にする事も良いでしょう。

京セラのおすすめ機種

それはTASKalfaシリーズです。

http://www.kyoceradocumentsolutions.co.jp/products/color-multifunction/taskalfa-256ci-206ci/

SOHO、中小規模で、印刷枚数が多くないビジネスをやられている方であれば、間違いないくこの機種がおすすめ。省スペースでありながらも、FAX、スキャンと基本機能は抑えられおり、スマホからもラクラクでプリントOK!比較的オープン価格も安いので、ぜひとも検討したい一台であります!

誰から買うのがいいのか?

餅は餅屋という言葉ありますが、やはり専門な知識を持った代理店に頼むのが良いでしょう。複合機 一括.jpであれば、一括見積りが可能です。手間なく、比較検討が出来ることでしょう。ただ、京セラ機を扱っている会社がおすすめですので、予め確認をすると良いでしょう。

コスト削減コンサルティングの専門会社に頼む。

企業の通信コストを見直してくれるコンサルティング会社にお願いするのも一つの手でしょう。この手の会社は、クライアントのコストを下げる代わりに、新規契約を獲得するというビジネスになるので、くまなく無駄コストを見つけてくれます。ひとつご紹介したいのは、東京渋谷にある株式会社STEP。こちらでは、京セラ機をを用いた特別なトナーシステムで契約が出来るようです。一般的なカウンターシステムではなく、トナーを購入するというやり方で保守契約を締結できるようです。そのため、トナーがなくなるまでランニングコストが0円で済むのです。京セラ機をご検討の方、カウンターシステムで高い印刷料を支払っている方はご相談してみるのが良いでしょう。

コスト削減コンサルティングなら株式会社STEP